Googleアナリティクス リアルタイムアクセス画面に現れる邪魔者(ボット)を削除

アクセス解析の妨げになる大迷惑ボット君を追放しました。

私が最近立ち上げた海外向けネットショップのアクセス解析画面をいつも見ているのですが、Facebookに投稿するたびにすかさずショップにアクセスしてくる輩がいました。国は(ペルー)で使用端末は携帯電話。最初は「自分のFacebookの投稿をいつも欠かさずチェックしてくれているのかな..?」と思っていましたが、どうやらそうでもないことに気づきました。
とにかくコイツ、24時間どんな時間帯に投稿してもすかさずアクセスしてきますそれも一分一秒狂うことなくです。コイツが本当に人間であれば、Facebookからアクセスしてくるタイミングに時間差があるはずです。 これ以外にも私の他のウェブサイトにもリファラスパムやら、何やらわけの分からない不正アクセスが頻繁にあるので、おそらくコイツも一緒だろ.. と思い調べてみたらやはり人間のアクセスではない不正アクセスであることが分かりました。よく調べてみると、どうやらコイツはリファラスパムとは類がちょっと違う ” Bot ボット ” というものらしいです。

ボットとは、コンピュータウイルスの一種で、コンピュータに感染し、そのコンピュータを、ネットワーク (インターネット)を通じて外部から操ることを目的として作成されたプログラムです。感染すると、外部からの指示を待ち、与えられた指示に従って内蔵された処理(後述)を実行します。この動作が、ロボットに似ているところから、ボットと呼ばれています。
引用元: https://www.ipa.go.jp/security/antivirus/bot.html

コイツにしても、リファラスパムにしても本当に迷惑極まりないです。私は何とかこれらの不届き者をブロックしてやろうと日々奮闘しているのですが、今回やってみたことは以下です。

まずはコイツのIPアドレスを確認しました。

私はいつもGoogleアナリティクスの画面と、運営している越境ECサイト用のライブチャットの画面を開いて作業しているのですが、このライブチャットのリアルタイム画面には、そのときショップにアクセスしてきているユーザーのIPアドレスが表示されます。なので、すぐに確認できます。そしてこのIPアドレスがブラックリストに登録されていないか調べてみました。
「SPAMHOUSE」というサイトで.. 手順はまずトップページを開いて次にEnter an IP Addressの項目へIPアドレスを入力してLoockupというボタンをクリック。

結果はやはりこのIPアドレスはブラックリストとして登録されているようです。

なんか良く分かりませんが、これはボットというもので自分のPCに感染しているようです。(完全には分かりませんが..) そしてこのページに削除リンクボタンが表示されていて削除できるようなので削除実行。

結果は無事に削除できたようです。

どうせ、この後も何らかの形で別の不正アクセスが現れると思いますが、ひとまずこれで様子見てみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です