仕入れた商品、想像よりも箱が大きくて送料オーバー・・とならないように。

eBayビジネスを無在庫販売で始めた初期の段階では、完全に回避することができない事柄のひとつ。「それは送料オーバーです」

 

これもeBay輸出ビジネスを始めたばかりでは必ずといっていいくらい経験することです。それはあくまでも無在庫販売をする場合の話ですが・・
多くの方、大半の方は無在庫.. 要するに在庫を持たないで販売できるとゆうところに魅力を感じているかと思います。 そしてこの無在庫販売、実際に手にとって見ていないので、その詳しい重さや大きさなどは完全には分かりませんよね。
アマゾンで仕入れいる場合、アマゾンの商品ページにはパッケージの大きさや発送重量などが記載されている場合がありますが、あれはほとんど大雑把で正確ではないですし、中にはとてつもなく間違った数値を記載している場合もよくあります。
アマゾンの商品ページ記載のそれらはあくまでも参考程度・目安にしかならないのです。アマゾンでは発送重量700gと明記してあっても、実際発送する際にはその2倍の1400gだった などはしょっちゅうあります。

こればかりは経験を積んで把握していくしかありません。ある程度販売を続けていると、おおよそではありますが大体予測がつくようになります。

海外発送では基本重さが重要ですが、大きさなどでも発送方法が分かれてきたりもします。 例えば国際eパケットで送料を安く抑え発送するつもりだったのが、ダンボールの大きさがオーバーしてしまい、結局EMSで送らなければいけなくなった・・とゆうようなケースです。

大体の商品はその大きさはどのくらいが検討がつくかと思いますが、中には案外そうでもない商品もあります。 私が感じるにその代表的なのが ”プラモデル ”です。 プラモデルが普段から趣味の方はそうでもないと思いますが、私自身プラモデルは作らないですし、アマゾンやネットショップの商品画像だけではその大きさはほとんど予測がつかない場合が多いです。更にこのプラモデル、プラスティックの細かい部品がバラバラに入っていて重さがそれほどでもないように感じますが、結構これが重いです。

めでたくプラモデルがeBayで売れて、早速仕入れ、届いて見たらその大きさにビックリ!とゆうことを何度も経験しています。 利幅を最初から大きくとっている場合はさほど問題にはならないかもしれませんが、他のセラーとの価格競争に勝つ為にギリギリまで利幅を落としていた場合、完全に赤字になってしまいます。

今プラモデルを例に挙げてましたが、これはなにもプラモデルに限ったことではありません。フィギュアでもたまにあります。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です