購入したことを忘れてしまっているバイヤー

1万円や2万円もの商品。これだけの金額を払って商品を購入したにも関わらず、すっかりと完全に購入したことさえ忘れてしまっているバイヤーがたまにいます。

 

そんなアホな・・・ おそらく普通の方ならこんなことはないでしょうし、あなた自身もこう思うかもしれません。
しかし世界には色々な人がいます。よほどお金に余裕があるのか、日頃から沢山の商品をeBayで買い漁っているのか・・・ その辺が知りませんが実はいるのです。

こちらからしてみれば相手が忘れようがなにしようが、商品代金を受け取って商品を送ってしまえば なにも問題ないので別にいいのですが。

しかし、これがよくないのです。このようなバイヤー、買ったことを忘れているので当然商品が届くのを今か今かと待っているわけではありません。
一ヶ月経とうと、一ヶ月半経とうと、なにもアクションをとろうともしませんし、こちら側セラーになにか言ってくるわけでもありません。

海外では”不在票”とゆうシステムが無い国もあります。荷物の配達時に受取人が留守で不在していても不在表をポストへ入れていかないのです。

こうなるとバイヤーは延々と気がつかないことになります。 結果その商品は保管期限が過ぎ、差出人へ返還されるとゆうことになります。

個人的にこれが一番困ります。忘れている相手が一番悪いのですが、なにも悪気があってやっていることではなく、単に忘れっぽいだけです。

このようなケースではだいたいバイヤーは「気がつかなくてすまない・・」 と誤ってきます、そして大概もう一度送ってもらうことは可能ですか?と聞いてきます。

この場合。追加で送料を支払いと言うバイヤーもいれば、もう一度商品は送ってほしいが追加の送料は払いたくないとゆうわがままなバイヤーもいます。
追加で送料を払うことを承諾しているバイヤーへはPaypalから請求書を作成し相手に請求書を送信しましょう。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です