eBay新規セラーは必ず頭を抱えるPaypalでの資金保留、その解除までの条件と期間を解説

sj15-5-5-2

 

eBay輸出ビジネスをスタートした直後は順調に商品が売れていってもキャッシュフローの悪化に悩まされる時期があります。

 

私もそうだったのですが、eBayでの新規セラーに対しては無条件で商品を販売してもある一定期間の資金保留とゆうものがあります。
これは新規セラーの場合、、まだ取引に慣れていないため、バイヤーとのトラブルが発生したときにすぐに残高から返金処理が行えるようにPaypal側が一時的に資金を押さえておくのです。

この期間はおおよそ21日間となっています。PaypalのページではeBayで販売した商品は資金が利用可能になるまで最大21日間かかることがあります。と書かれています。
ここでひとつ。「かかることがあります」となっていますが、経験上、ほぼ100%販売したすべての商品の受け取った金額が利用可能になるまで21日間しっかりとかかります。

またPaypalページではこの事柄の詳細ページにて、バイヤーからポジティブフィードバックを受け取った場合、またeBayが定める(USPS)などの提携された郵便システムでトラッキング付の配送を行った場合となっていますが、我々日本からのセラーにとってはUSPSなど関係ないですし、これには該当することはありません。 またポジティブフィードバックを受けたときともありますが、これもあいまいで、確かにポジティブフィードバックを貰うと速く資金が自由になる場合もあります。でも、これは必ずしもではありません、どのようなシステムで違いがでるのか分かりませんが、ポジティブフィードバックを受けた後でも資金が保留のままの場合もあります、とゆうよりもほとんどがそのケースです。またポジティブフィードバックを貰ったら といっても この場合は米国在住のバイヤーに限るようです。(おそらく)

まず、ひとつ言えることは完全に資金保留が解除にならない限り、この21日間の保留期間とゆうのはまず避けられないものであり、解除になるまで続きます。

21日間とゆうと とても長く感じるかもしれません。三週間ですから、無在庫でも有在庫でも 商品を売れたら資金をどんどんと回転させていかなければいけません。この21日間の保留とゆうのはかなりストレスが溜まるはずです。

でも、この21日間とゆう保留期間。実際にあなたがPaypalからお金を自分の銀行に引き出し、現金を手に出来るのは実はもう幾日か かかってしまいます。

それは新規でセラーを始めた方、要するに取引実績はまだない方の場合はこの21日間が経過し、このとき初めて自分の銀行口座へpaypal資金を移動できますが、この実際に銀行への資金移動が完了するまでに約5~6日かかってしまいます。 つまりトータルすると21日間 + 5~6日=約26日~27日。 このように約一ヶ月近く販売したお金が自由に使えないとゆう状況が続きます。

これはかなり困ります。私も最初の頃はこれで相当ストレスが溜まったことを覚えています。今現在でもこのシステムは変わりないでしょう。

但し、これは私のように仕入れ商品をVISAデビットカードなどで、その場で決済し 支払っていた場合です。通所のクレジットカードであれば、引き落としは翌月か翌々月かと思いますので、この辺は違いがあると思います。

ちょっとおかしな話ですが、私の場合もこれに相当頭を悩ませ、売れるのはいいが資金がうまく回転していかず、出品すると売れてしまうので、「これ以上売れると困る。少し出品するのを一時停止しよう」と一時的に出品を停止したことがあります。売るためにやっているのに逆に” また売れてしまったらまずい ” とゆうとても変な状況が続いていたのです。

こればかりはしょうがありません。どんどんと取引を積んで実績をあげていくしかありません。

 

では、どのような条件を満たせばこの資金保留は解除されるのか?

それは米国在住のバイヤーとの取引が25回以上とゆうのが条件になります。基本的に米国に住所があるバイヤーに25回以上販売すればこの煩わしい資金保留とゆうものから解放されることが可能になります。
但し、この米国在住バイヤーへの販売実績25回以上。簡単のような・・ ちょっと時間がかかるような・・ とても微妙なところです。これは人にもよって当然個人差が出てくると思いますが、大体eBay.comに出品しているだけでも世界中のバイヤーへと商品が売れていくわけですし、eBay.comがアメリカのサイトだと言っても ほとんどの場合アメリカ在住のバイヤーへ商品が売れる比率とゆうのは、そのパーセンテージがそれほど多くはないと思います。

私の場合は今でこそ状況は違いますが、eBayビジネスをやり始めた当初はこの比率は大体約2割位でした。つまり10個の商品を販売するとアメリカ人へ売れるのはその中の2個くらいです。

よっぽどアメリカ人好みの商品を多く販売している場合や、アメリカ人バイヤーにターゲットを絞って なにかしらの戦略を立てて出品している場合はこの限りではありません。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です