eBay イーベイとは、世界最大のオークションサイトを解説。

eBay

ebay イーベイとは19995年9月、米国カリフォルニアサンノゼ州にて誕生したオークションサイトです。当時のサイト名は『ActionWeb オークションウェブ』というとてもベタな名称でスタートしました。創設者はピエール・オミダイア氏(現在eBayの会長) 今現在eBayは世界のオークションサイトの中で不動の地位を確立しています。

eBayの創設者ピエール・オミダイア

イラン人の両親の元パリに生まれる、6歳の頃にアメリカに移住しワシントンDCで育つ。高校時代にコンピューターに関心を持ちタフツ大学で計算機科学を専攻する。1995年オミダイア氏はインターネットを通じた消費者間取引の需要を見込み長期休暇を利用してeBayの基となるコンピューターコードを書き上げた。同年9月4日に試験的にAuction Webの名称でネットオークションサービスを開始。1997年にeBayと改称。


eBayとは世界1.6億人が参加し、販売者(セラー)の数は2500万人という地球上で最も人が集まるオークションサイトなのです。

eBay

貴方がこのページへアクセスしてきたということは、何らかの理由でeBayに興味があるのでしょう。eBayで海外の製品を購入(輸入)したい.. とか日本から商品を海外へ販売して輸出ビジネスをこれから行いたいとか..

筆者がこのeBayを知ったのはもう相当昔のことです。それは今から10年以上前です。当時のeBayはそれなりに有名ではあったのですが、流石に今ほどではありません。サイトのデザインやレイアウトにしても今のようなシンプルな作りではなくとてもごちゃごちゃとしてものでした。 あの当時のeBayと比べると昔と今ではまったく違うという印象です。

筆者はこのeBayで輸出ビジネスをはじめて行い、輸出ビジネスの基本ともなる分部を自分なりに学びました。インターネットビジネス初心者が一番早く結果が出やすいと言われる『物販ビジネス』それは日本国内で行う「せどり」や「電脳せどり」また「日本のアマゾンでの転売」あるいは「ヤフオクに出品しての転売」 商品を有在庫あるいは無在庫であっても商品の販売(転売)をするという意味においては日本国内でのビジネス展開のみならず、このeBayを利用した海外への販売(転売)も、初心者が稼ぎやすい物販ビジネスという点では輸出でも同じです。

eBayビジネスは今日からスタートしても、数日後にはバイヤーが喜ぶ顔を見ることができるビジネス。


現に筆者は2013年にこのeBayビジネスを始めたときも輸出ビジネスは「空前の輸出ブーム」だったようです。しかしその勢いは衰えるどころか、今も尚、日本国内から続々と新規参入者が増えてきてきているようです。私がeBayビジネスを行ってきたときはライバルらしきライバルはごく少数派で、それほどライバルは多いという印象はありませんでした。確かにeBayは参入障壁が高いのかもしれません。それは同じ輸出でもアマゾンなどと比べると.. どちらも転売をするのであれば簡単さという点では圧倒的にアマゾンのほうが取り組みやすいでし、eBayは最初に覚えないといけないことが沢山あります。

これがeBayビジネスの参入障壁を高くしている理由のひとつなのかもしれません。アメリカのアマゾンでの輸出でもeBayの輸出にしても、基本全て英語です。売るのも買うもの英語を使わなければなりません。
簡単に言ってしまうとAMAZON輸出は楽して稼ぎたい人、eBayは気合いを入れて輸出ビジネスに取り組みはじめる人、そんな感じではないでしょうか。因みに筆者は気合いを入れて取り組んだ一人です。

このeBayビジネスを通じて私は「輸出・貿易ビジネス」というものの基礎を学び、eBayをステップとして今は本格的に「独自ネットショップ」に取り組んでいます。私はeBayでTRS トップセラーの称号をUSとグローバル両方で獲得しました。そして最後に残った実績は「出品リミット1億1千万、出品数枠:9千点、100%ポジティブフィードバック、ディフェクトレート(取引欠陥レート)は2%を超えたことは一度もありません」確かにこれは大した実績ではないかもしれません。出品リミット1億円は決して無理な数字ではありません。真面目にコツコツやっていけば必ず到達する金額です。 リミットが1憶もあれば大体の場合もう充分でしょう。


eBay そこにはエキサイティングな世界が待っています。

eBay イーベイオークションの特徴は、何でも売っており、何度でも売れる市場だということ。

eBayには、本当にありとあらゆる商品が出品(販売)されています。ブランド品やおもちゃやフィギュアなどはもちろん、数千万円もする高級車などなんでも売っています。何でも売っているだけならアマゾンでも同じです。アマゾンも何でも売れるかもしれませんが、eBayも何でも売れる市場です。これはやってみれば分かります。よくeBayあるいは海外で人気の商品などが、どこかのメディアや個人ブログで挙げられていますが、それらに拘る必要などまったくありません。貴方はジャンルに偏ることなどなく様々な商品で販売していくことが可能になる市場、それはeBayです。

eBayで販売していく基本知識は、すぐにでも身に付いていきます。

確かに沢山の商品を出品し、出品数さえ増えてくれば必ずと言っていいほど売れまくるeBayですが
、だからと言ってやみくもに出品数だけ増やしても売れることはありません。 効率よく販売して売り上げを上げていくには、売れる商品リサーチ、ライバルリサーチなど様々な知識とノウハウを貴方の頭に植えつけていく必要があります。これはやっていくうちに身についてきます。ある程度基本の方法さえ覚えれば、後はそれの繰り返しです。何も高度なテクニックや裏技などはありません。

eBayビジネスに裏技はない。

物販ビジネスというものはとても単純なビジネスであり、裏技やテクニックなど通用する世界でもないし、そんなものは存在しません。 つまり、誰でも同じ土俵に立って戦える世界なのです。
だから、貴方がもしこれから ” eBay輸出ビジネス ” を行おうと考えているのであれば、まったく気負いする必要などありません。 今からでも充分遅くはありません。

最近のeBayは、以前とは違い少し日本人セラー(販売者)が増え、ライバルが多くなってきたなどと言う話を聞きます。中にはもう「飽和して稼げないんじゃないか?」などと愚かな心配をする人もいるようです。 でも、その考え方はとてもナンセンスです。 なぜなら貴方が思っている以上に、想像している以上にeBayの市場というには巨大です。 それ以前に日本から海外へ販売する商品にしても無限にあります、更に言えば、目まぐるしい勢いで新商品が販売されています。日本から海外への輸出商品は絶えることはありません。 また仮にライバルが多くなってきてもライバルに勝っていけばいいだけです。

全てのセラー(販売者)が同じ土俵で勝負できる市場、それがeBay

どんなにライバルがいても、貴方はほとんどその人達と同じ土俵に立っています。貴方が今日eBayビジネスをはじめたばかりだとしても、もちろん数年前からeBayで販売しているセラー(販売者)との知識の違いは明確かもしれません。しかし、eBayベテランセラーと初心者の貴方との違いはただひとつ、それは「経験」だけです。「経験」というととても大きな違いのように感じるかもしれませんが、物販(オークションビジネス)の場合、この「経験」など、そこまで実績・成果に影響するものではありません。

物販というビジネスは『この商品が欲しいと思っているバイヤー(買い手)に、その商品をそのバイヤー(買い手)の前に差し出してあげるだけのビジネスです』それがまったく同じ商品であればベテランセラーが販売している商品でも、貴方が販売している商品であっても所詮バイヤーから見たら同じことです。 確かに評価数の違い、全体的な信用の違いはあるかもしれませんが、それは貴方がeBayでこれから稼いでいくのに大きな支障となることはまずほとんどないです、大袈裟に考えるのはやめたほうがいいです。

それはどれだけ儲かるかどうかは別にして、開始してすぐにでも海外に住んでいる外国人に自分の商品を買ってもらって満足してもらい、そして喜んでもらう、それと同時に貴方も儲ける。
そんな熱い体験ができるのがeBayビジネスです。貴方がもしこのエキサイティングなeBayビジネスの世界へ入っていきたいと思うのならば、最初に行うステップ、それはeBayへの登録から出品方法、eBayのルール、仕組みを学ぶことです。それをまず学ばなければ話にはなりません。貴方が最初に行う第一歩は『基本中の基本であるeBayの基礎を学ぶ』ことです。

eBay輸出ビジネススタートに最適な教科書。>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です